つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

私立恵比寿中学秋田分校~この町と人と学芸会が好きだから~

10月21日に開催された、私立恵比寿中学エビ中)の秋田でのライブ(通称、秋田分校)について書きたいと思います。

今回で4回目となり、今年は去年の秋田県民会館大ホールよりキャパの大きい、秋田県立体育館での開催となりました!

f:id:Wacc_8210:20181022113833j:plain

 

ライブの内容も秋田にちなんだの演出がたくさんあり、とてもスペシャルなものとなっております。

さらに良席に恵まれ、とても思い出深いものとなりました。

詳しいレポなどは以下の記事などに書いてありますので、ここでは感想を中心に書いていきたいと思います。

natalie.mu

 

今年も健在!

他県から来るファミリーへの歓迎っぷりは健在です!

今年も素敵なのぼりですね(風が強くないのでキレイに取れました笑)。

f:id:Wacc_8210:20181022113924j:plain

f:id:Wacc_8210:20181022113938j:plain

 

開演の時間になりABSの関向アナに招かれて登場したのは、今年も引き続き秋田分校の生徒会長を務める小林さん!

昨年までは緊張した様子も伺えましたが、堂々たるスピーチを披露してくれました。

とても成長した姿を間近で観ることできてとても嬉しいです♫

 

そして、自己紹介の際に話題がありましたが、真山さんが元生徒会長、他のメンバーが副生徒会という設定も健在です(笑)

 

クラスメイト(?)とのコラボ

昨年までも、秋田のアイドルグループであるpramoとのコラボがありましたが、今年は同じ事務所の桜エビ~ずといぎなり東北産とのコラボの実現しました!

 

pramoの曲『わっしょい!!』でコラボをしたのは、昨年に引き続き小林さん!

pramoの曲はエレクトロサウンドに和風テイストが入っていて、個人的に割と好きです。

 

桜エビ〜ずの曲『エビ・バディ・ワナ・ビー』でコラボをしたのは柏木さん!

この後のMCで振り付けを20分で覚えてしまったという話もありました。さすがエビ中のダンス部長ですね♫

 

いぎなり東北産の曲『乾杯ニッポン』でコラボをしたのは真山さん!

振り付けが激しいことに加えて、小道具を舞台袖から持って来るために何度も往復したこともあり、疲れがあからさまに見て取れました(笑)

エビ中曲『新・青春そのもの』のコラボで、後輩に「彩花が付いてこれません!」と言われてしまう安本さんはオイシイですね(笑)

 

恒例の秋田とのコラボ

公演の冒頭では、昨年に引き続き超人ネイガー(+悪役のハンカクら)との寸劇からの『イート・ザ・大目玉』をコラボ!

生徒会長の小林さんが活躍するのも同じでしたね(笑)

 

公演中盤では、秋田のご当地ゆるキャラと各メンバーがコンビを組みミニゲームで勝負!

ペアでの縄跳びや鬼ごっこ、押し相撲のゲームがあり、最終的に安本さんと秋田内陸線のじゅうべぇのコンビが勝利しました。

そのままご当地ゆるキャラとのコラボで『手をつなごう』を披露!

とてもピースフルなコラボでしたね♫

 

秋田分校の校歌と言っても過言ではない『大漁恵比寿節』はドンパン娘とのコラボ!

廣田さんのパートは小林さんが引き継いだことにより、力強さの中に時折良い意味での緩さも感じるパフォーマンスとなりました(笑)

 

みんな大好き藤原美幸さんは「みゆきちゃ〜ん」のコールで登場!

コラボした曲は『でかどんでん』でした。

今年も不思議な調和を感じつつ、美幸さんのパワフルな歌唱がとても映えていたように思います。

「どーん!」のところではメンバーを吹き飛ばし、文字通りパワフルさを感じさせてくれるものでした(笑)

 

最後は大曲高校とのコラボ。

はじめに吹奏楽部の演奏をバックに『靴紐とファンファーレ』を披露!

特にホーン楽器と調和が素晴らしく、個人的にはこの日のハイライトでした。

次に合唱部が加わり『スーパーヒーロー』を披露。

少し合唱部メンバーのマイク音量が小さかった気がしました。

最後は舞台に秋田分校の生徒たち(つまり、全員)が登場して『さよならばいばいまたあした』を披露し、大団円で本編の幕が降りました。

 

アンコールではエビ中メンバーのみで、『響』『熟女になっても』『なないろ』を披露!

最後の曲が『なないろ』というのは中々興味深いですね。

 

f:id:Wacc_8210:20181104124204j:plain

「秋田の魅力を私立恵比寿中学を通して全国に発信する」というコンセプトのもとで行われている秋田分校ですが、他県から人を引っ張ってくるという意味でとても良いビジネスモデルなのではないかと思っています!

 

規模も拡大してきていますが、この暖かいイベントが末永く続いていって欲しいです♫

ホットフィールドと宇奈月温泉

今回の記事は、8月に富山県で開催されたフェスであるホットフィールドと宇奈月温泉に行った時の記録になります。

 

まずは東京駅から北陸新幹線はくたかに乗り、黒部宇奈月温泉駅に向かいます!

2時間半ほどして到着、やはり新幹線は快適ですね♫

 

駅の様子。

f:id:Wacc_8210:20181007203818j:plain

f:id:Wacc_8210:20181007203824j:plain

 

続いて、黒部宇奈月温泉駅からホットフィールドの開催地である宮野運動公園に向かいます!手段は徒歩です。

 

こちらは公園に至るまでの風景。

f:id:Wacc_8210:20181007203827j:plain

f:id:Wacc_8210:20181007203830j:plain

 

30分ほどして到着!8月なので当然汗だくです(笑)

さすが富山のYKK

f:id:Wacc_8210:20181007203834j:plain

手作り感のあるフェスですね♫

f:id:Wacc_8210:20181007203838j:plain

 

こちらはメインの会場。

緑もあふれていますが、日本海も見える素晴らしいロケーションです!

f:id:Wacc_8210:20181007203843j:plain

f:id:Wacc_8210:20181007203849j:plain

 

こちらはフェス飯。

f:id:Wacc_8210:20181007203854j:plain

よなよなエールも売っていました!

やはりおいしい!

f:id:Wacc_8210:20181007203856j:plain

 

こちらはフェスのWebページ。

hotfield.jp

私が観たのは以下の通り。

Dachambo

バーニングマンフェスというワードが気になる。

アフリカ風の長い笛のような楽器も気になる。

フレンズ

あまり曲を知らなくても楽しめるのは素敵です♫

もっと聴いて他のライブにも行ってみたい!

エビ中

こちらは前に書いた記事。

エビ中@ホットフィールド2018 - つれづれ日記(仮)

jizue

インストバンド。技巧系?

The BONEZ

RIZEではないようだ。

WONK

すごくおしゃれな雰囲気のバンド。

SOIL&"PIMP"SESSIONS

エビ中を除くと一番良かった!

ジャズっぽいですが、EDM要素もあって面白い!

機会があればまたライブを観たいです。

 

 

ホットフィールドは中抜けして、宇奈月温泉へ!

黒部宇奈月温泉駅のすぐ近くに、新黒部駅から富山地方鉄道鉄道に乗り向かいます。

(来る前は新幹線の駅の近くに温泉があることを期待してたのですが、そうではありませんでした)

f:id:Wacc_8210:20181007203901j:plain

本数は多くないです。

f:id:Wacc_8210:20181007203905j:plain

 

30分ほどして宇奈月温泉駅に到着!

温泉の噴水がお出迎え。

f:id:Wacc_8210:20181007203910j:plain

f:id:Wacc_8210:20181007203802j:plain

 

今回は駅からすぐ近くの、湯めどころ宇奈月という日帰り温泉に行きました!

湯めどころ宇奈月

運良く割引きキャンペーン中でした。

f:id:Wacc_8210:20181007203805j:plain

温泉は無色で癖のある匂いもなく、私の好きなタイプのものでした!

f:id:Wacc_8210:20181007203808j:plain

建物の反対側に足湯がありました。

 

それでは、黒部宇奈月温泉駅に戻ります!

宇奈月ビールというご当地ビールを買いたかったのですが、タイミング合わず・・

f:id:Wacc_8210:20181007203813j:plain

 

そして新幹線に乗り東京へ。

日帰りという強行軍でしたが、良い旅でした♫

宇奈月温泉は、しっかりと時間を取ってまた行きたい!

エビ中 秋空と松虫と音楽のつどい 題して「ちゅうおん」2018

今回は、私立恵比寿中学の秋の恒例行事となりつつある、「エビ中 秋空と松虫と音楽のつどい 題して「ちゅうおん」2018」について書きたいと思います。

 

このライブは、ペンライトの使用やコールは禁止、全席着席指定となっていて、アイドルのライブらしからぬものとなっています。

また、オケを流すスタイルではなく、ホーンやストリングスを含む生バンドによる演奏が使用されています。

もちろんエビ中の曲が多く演奏されるわけですが、原曲をそのままにアレンジしたもの、全く違ったアレンジをしたものとバラエティに富んだものとなっています!

 

以下、セットリストとともに、感想を書いていきます!

f:id:Wacc_8210:20180929233802j:plain

 

開演時間になるとまずはエビ中バンドの皆さんが登場。

続いてエビ中メンバーが登場!衣装はエビクラシーの制服衣装です! 

 

M.01 星のかけらを探しに行こう Again (カバー 福耳)

 

1曲目は、昨年のちゅうおんに引き続きカバーから!

ミドルテンポでゆったりとした立ち上がりも昨年と同様ですね。

オフィスオーガスタにも負ていないのではないでしょうか(笑)

 

 

M.02 summer dejavu
M.03 シンガロン・シンガソン
M.04 紅の詩
M.05 スウィーテスト・多忙。
M.06 スーパーヒーロー

 

2曲目は昨年と同様に『summer dejavu』。

アレンジは昨年と似ていますが、ギターやドラムが少し違っていたように感じました。

 

『日進月歩』のようなやや重めな演奏から始まったのは、なんと『シンガロン・シンガソン』!

原曲とアレンジが全く異なっているため、歌詞から受けるイメージもまた違って感じます。オリジナルは明るく突き進んでいく感じ、ちゅうおんバージョンは少し切羽詰まりながら進んでいく感じ(笑)

星名さんの歌が光っていたと想います!

 

『紅の詩』は、とても生演奏映えする曲だと思います。

特にホーンパートが生演奏になっていたところがグッときます。

また、曲の最後で柏木さんが笑顔でガッツポーズしていたのが印象的ですね♫

 

『スウィーテスト・多忙。』『スーパーヒーロー』は、原曲に近いアレンジに感じました。

『スウィーテスト・多忙。』は曲の持つ華やかさが際立ち、『スーパーヒーロー』はストリングスとギターが壮大なイメージを際立たせるアレンジだったと思います。


M.07 三国駅(カバー aiko) / 真山りか
M.08 僕が一番欲しかったもの(カバー 槇原敬之) / 安本彩花
M.09 マリーゴールド(カバー あいみょん) / 星名美怜
M.10 エイリアンズ(カバー キリンジ) / 中山莉子
M.11 やさしい気持ち(カバー Chara) / 小林歌穂
M.12 Lemon(カバー 米津玄師) / 柏木ひなた

 

ここでは各メンバーによるカバー曲を披露。

身長が2㎜縮んでしまった真山さんが歌ったのは、aikoの『三国駅』。

難しい曲ですが、しっかりと歌いこなしていました!

コスメグッズを買い過ぎてお母さんに釘を刺さされた安本さんが歌ったのは、槇原敬之の『僕が一番欲しかったもの』。

安本さんが男性曲を歌うとイケボが光りますね♫

マッサージが上手い星名さんが歌ったのは、あいみょんの『マリーゴールド』。

キーが合っていないように感じ、もう少し高い方が良いのではと思いました。

前髪を切るペースが早い中山さんが歌ったのは、キリンジの『エイリンアンズ』。

コーラスのサポートも受けつつ、妖しく歌い上げました。

朝から中山さんと動画を観ていた こばむし こと小林さんが歌ったのは、Charaの『やさしい気持ち』。

小林さんの歌声は本当に表情豊かですね!また新たな一面を見ることができました。

突き指をしてしまった柏木さんが歌ったのは、米津玄師の『Lemmon』。

柏木さんの歌は素晴らしかったですが、曲の印象が勝っていたかなという印象です。


M.13 日記
M.14 全力☆ランナー
M.15 YELL
M.16 靴紐とファンファーレ
M.17 感情電車
M.18 朝顔

 

『YELL』は、昨年に引き続きバラードアレンジでの披露。

昨年のちゅうおんは行けなかったので、音源でしか聴けていなかったこの曲を生で聴くことができたのはとても嬉しかったです♫

昨年に披露されたの曲の中でも特に良いアレンジでしたからね。

 

演奏が一番良いと感じたのは『感情電車』はです!

これがグルーブ感というものなのでしょうか(笑)

小林さん推しの私としては、『感情電車』をひいき目で見てしまうところはあるかも・・

エフェクトなしでも、小林さんの見せ場パートの「その空」は素晴らしかったです!

 

朝顔』は、原曲と異なりバラード調になったアレンジ。

さらに歌のパート割も通常と異なり、『イート・ザ・大目玉』のようにツインボーカルで、メインとハモりを交換しながら歌い上げるスタイルとなっていました!

ツインボーカルは、真山・星名、安本・小林、柏木・中山の組み合わせとなっていました。

 

M.19 若者のすべて(カバー フジファブリック)
M.20 響
M.21 I'm your MANAGER!!!
M.22 まっすぐ
M.23 約束

 

ここでは、メンバー全員でのカバー曲の2曲目、フジファブリックの『若者のすべて』を披露。

切ない曲だとは思いますが、エビ中が歌っているのを聴くと元気が出る気がします!

大人と子どもの間にある若者の一場面を切り取ったような曲だと思いますが、そのあたりが今のエビ中にフィットしているからなのでしょうか。

こういった選曲をするエビ中運営はやはり推せる!

 

『まっすぐ』は、ちゅうおんバージョンのアレンジ。

曲の世界観を残しつつも、少し軽めのアレンジになっていて、こういう感じもまた良いですね♫


M.24 でかどんでん
M.25 EBINOMICS

 

この2曲では、ちゅうおんのルールを破りメンバーから立つように指示が!

そして始まったのは『でかどんでん』!

あまり人気がない曲ですが、個人的には好きな曲です。

生演奏の『でかどんでん』ええやん!という感じです(笑)

特に、印象的なリフを生エレキギターでやってくれるとテンション上がりますね♫

 

エビ中バンドとの最後の曲『EBINOMICS』。

通常のライブではオリビア役を務めることが多い小林さんですが、この日はその役をコーラス隊が務めていたため、ベースの人のところに行ったりうろちょろしていたのが面白かったです(笑)


M.26 私立恵比寿中学の日常(Epilogue):蛍の光(Demo)

 

エビ中バンドの皆さんが去った後にやるのは、この曲しか考えられないですよね。

2017年のファミえんと同様にアカペラでの披露となりました!

鈴虫の音とエビ中の歌の共演は、まさに本公演の名前を体現したようなものであったと思います。

 

f:id:Wacc_8210:20180930225210j:plain

 

振り返ってみると、とても充実した内容であったイメージはあるのですが、覚えていないことも多々あるように感じます。

普段と異なる生バンドでの演奏があり、情報量が多かったからですかね(笑)

本公演は、ファンクラブ限定で音源化されことがすでに決まっていますが、とても待ち遠しいです♫

 

また、このように生バンドでのライブをもっとやってほしい希望はありますが、なかなかコスト面では難しいのではないかと思います。

やはり、年1回ぐらいだと思うので、また来年も開催してくれることを期待しています!

 

こちらはナタリーさんの記事。

相変わらず、素晴らしい写真ばかりです。

natalie.mu

 

 

余談

この日の会場、秩父ミューズパークへは車で向かったのですが、公式の駐車券を取っていなかったで西武秩父駅近くに車を停め、徒歩で向かいました。

グーグル先生に導かれるままに進んでいった道はとても険しいものでした。

f:id:Wacc_8210:20180930225537j:plain

f:id:Wacc_8210:20180930225542j:plain

f:id:Wacc_8210:20180930225546j:plain

 

秩父ミューズパークに汗だくになりながら(この日はとても暑かった)辿り着くと、普通に停められそうな駐車場を発見。

骨折り損でとても落胆・・

f:id:Wacc_8210:20180930225549j:plain

夜の風景。

f:id:Wacc_8210:20180930225531j:plain

帰りも徒歩で山を下っていったのですが、暗くてなかなかのスリルでした(笑)

2018年7月・九州の旅②

今回の記事は7月に九州へ行ってきたときの記録の第2弾になります。

第1弾の記事はこちら。

2018年7月・九州の旅① - つれづれ日記(仮)

 

前回の記事では、福岡での旅の記録を書きました。

今回の記事は、博多駅から九州新幹線に乗り、熊本駅に到着したところから始まります。

 

電車のホームから改札のフロアに降りると、まずはくまモンがお出迎え!

埋まっています(笑)

f:id:Wacc_8210:20180919183518j:plain

 

熊本駅から熊本市電路面電車)のA系統に乗り、花畑町というところで下車。

やはり馬刺しが食べたかったので、運良く入れたこちらのお店へ!

後々調べたら、熊本駅にも同じ系列のお店がありましたね。

菅乃屋ホルモン(熊本市/ホルモン) - Retty

まずはビールで一杯!

確か、火の国ビールという名前だったと思います。

f:id:Wacc_8210:20180919183522j:plain

馬刺しのセット(フタエゴ・赤身・コウネ)

フタエゴはあばら部分、コウネがたてがみの部分。

それぞれ違う味、歯ごたえでとても美味しかったです♫

f:id:Wacc_8210:20180919183500j:plain

つくね

f:id:Wacc_8210:20180919183503j:plain

馬刺しの炙り

f:id:Wacc_8210:20180919183506j:plain

十分すぎるほど、馬刺しをいただきました!

 

食べ終わったところで宿泊先に向かいます。

熊本市電のB系統に乗り、杉塘(すぎども)駅で下車。

城の湯というところに宿泊しました。

熊本城天然温泉 城の湯

こちらでは、個別の部屋(ただし壁の上部は空いていて隣の部屋と繋がっている)とベッドがあるコンパクトルームを利用しました。

温泉もあり、しっかりとした寝床もあるので、私には十分すぎるほどです!

こちらは、翌朝に撮った写真。

f:id:Wacc_8210:20180919183509j:plain

 

翌朝は、城の湯隣のマクドナルドで朝食を食べ、熊本観光に行きます!

城の湯は、熊本城の北にありまして、比較的近いです。

ということで、歩いて熊本城方面に行きます。

 

こちらは、熊本城のふもとにある熊本大神宮

f:id:Wacc_8210:20180919183512j:plain

地震の爪痕がまだまだあります。

f:id:Wacc_8210:20180919183515j:plain

f:id:Wacc_8210:20180919183524j:plain

f:id:Wacc_8210:20180919183527j:plain

f:id:Wacc_8210:20180919183530j:plain

少し登った加藤神社から見える熊本城

修復の工事中でした。

f:id:Wacc_8210:20180919183536j:plain

 

続いてお昼ご飯を食べるために熊本城近くの上通に向かいます。

こちらは太平燕(たいぴーえん)のお店になります。

紅蘭亭 上通パビリオン(熊本市/中華) - Retty

本調子ではなったのでさっぱりとした味は助かります(笑)

f:id:Wacc_8210:20180919183539j:plain

 

食後には身を清めるために銭湯(温泉?)へ!

熊本城に行ったときに、だいぶ汗をかいてしまったしまったのも理由の1つです。

熊本銭湯 大福湯

岩風呂あり、ジェットバスありのエンターテイメント感のある銭湯でした。

f:id:Wacc_8210:20180919183533j:plain

 

こちらは熊本B.9 V1。

あまり大きくないライブハウスですが、後ろの方は少し観にくいかも。

f:id:Wacc_8210:20180919183542j:plain

 

熊本の最後は、熊本ラーメンいただきます!

ラーメン赤組(熊本市/ラーメン) - Retty

しつこそうに見えて、全然そんなことはないですね。

f:id:Wacc_8210:20180919183456j:plain

 

ラーメンを食べた後は、熊本空港へ向かいます。

上通のあたりから、バスが出ています。

 

熊本空港では、日本酒の香露をゲット!

「きょうかい9号酵母」で有名ですね♫

 

ちなみにこの日はANA羽田空港へ帰りました。

ジェットスターも出ていますが、あまり本数は多くないので。

 

2018年7月・九州の旅①

今回の記事は、7月に九州地方の一部を旅してきたときの記録になります。

2回に分けて書きますが、そのうちの第1弾になります。

 

 

まずはいつも通り東京シャトルで成田空港へ行き、ジェットスターを利用して成田空港から福岡空港へ向かいます!

 

そして福岡空港へ到着!

工事中で、前来たときと雰囲気が違っていました。

 

最初は地下鉄(空港線)に乗り、中洲方面に行きます!

10分ほど乗車して、中洲川端駅に到着。

このように繁華街まで、すごく近いのは福岡空港の素晴らしいところですね♫

 

駅から近くの商店街では、催し物が開催されていました!

f:id:Wacc_8210:20180918221856j:plain

 

この日は、到着が早かったので朝ごはんから!

元祖ラーメン 長浜家(家2) (中洲/ラーメン) - Retty

f:id:Wacc_8210:20180918221859j:plain

安くて美味しいラーメンです!

f:id:Wacc_8210:20180918221902j:plain

 

前日の大雨で中洲を囲う川は、水位が上がっていました。

f:id:Wacc_8210:20180918221905j:plain

 

こちらは福岡市民会館

中洲川端駅からだけでなく、天神駅からも歩いて行ける距離だと思います。

f:id:Wacc_8210:20180918221907j:plain

 

 

再び地下鉄に乗り、博多駅方面へ!

駅のすぐ近くに温泉があることを見つけたので来ました♫

博多 天然温泉八百治の湯 八百治博多ホテル|公式サイト

f:id:Wacc_8210:20180918221910j:plain

無色透明でクセのない温泉でした!

 

一風呂浴びたところで博多駅に戻り、遅めのお昼ご飯を兼ねて、一杯いただきます。

駅から三百歩横丁のいう飲み屋などが並ぶ通り(駅の構内?)でこちらのお店に入りました。

浜焼き串揚げ角打ち しらすくじらJRJP博多店(博多駅博多口/居酒屋) - Retty

数量限定のマグロの中落ち

やはり、食べられる量は少ないです。

f:id:Wacc_8210:20180918221914j:plain

串揚げ、紅ショウガと白子

f:id:Wacc_8210:20180918221916j:plain

 

さらに、あまおうスムージーを!

伊都きんぐ 博多マイング店(博多駅博多口/スイーツ) - Retty

f:id:Wacc_8210:20180918221920j:plain

 

福岡はこんなところで、次の目的地熊本へ向かいます!

利用したのは、九州新幹線

WEBで予約すると安くチケットが買えます!

割引率は、事前に買うほど大きくなります。

f:id:Wacc_8210:20180918221850j:plain

f:id:Wacc_8210:20180918221853j:plain

東海道新幹線などより、イスの座り心地が良いように感じました(笑)

 

 

福岡については、こんな記事も書いています。

wac-8210.hatenablog.com