つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@熊本・熊本B.9 V1

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の熊本公演について書きたいと思います。


前回行った福岡公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@福岡・福岡市民会館 大ホール - つれづれ日記(仮)

 

下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180709075448j:plain

 

<セットリスト>
M.01 響
M.02 YELL
M.03 シンガロン・シンガソン
M.04 えびぞりダイアモンド!!

-MC-
M.05 紅の詩
M.06 キャンディロッガー
M.07 日進月歩
M.08 梅

-MC-
M.09 春休みモラトリアム中学生
M.10 大人はわかってくれない
M.11 MISSION SURVIVOR
M.12 まっすぐ

-MC-
M.13 日記
M.14 スウィーテスト・多忙。
M.15 熟女になっても
M.16 自由へ道連れ

-MC-
M.17 イート・ザ・大目玉
M.18 HOT UP!!!
M.19 EBINOMICS
M.20 でかどんでん

-MC-
EN.1 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
EN.2 ちちんぷい
EN.3 永遠に中学生

 

セットリストについて

ホールでのライブとは異なり、ライブハウス用のセットリストとなっています。

中山さんもMCで「いつもの設定は忘れて楽しんでいきましょう!」と言っていました(笑)

 

『まっすぐ』をライブハウスで観るのは恐らく初めて。

やはり音響の良いところだと、その素晴らしさが増すように感じます。

 

この日もファミえん2018のテーマソングの1つ『イート・ザ・大目玉』の披露がありました!

小林さんの「大目玉を食らうのはどいつだ~」といった曲振りもありましたね(笑)

ペアで歌っていることは前回の記事でも書きましたが、3回目についてペアでハモリをして歌っていることに気が付きました。それもメインとハモリを交代しながら。

過去の曲でも特定の人(例えば『HOT UP!!!』の安本さん)がハモリを担当していたことがありましたが、メンバー全員でやっているのは新境地ですね!

 

この日の『でかどんでん』。

 

この日のラストは『永遠に中学生』 でした♫

周りの人達と肩を組むのもしっかりやりました!

『永遠に中学生』で終わる学芸会(ライブ)はやはり素晴らしい!!

記憶が曖昧ですが、最後のセリフは以下のようなものだったと思います。
小林「くまモン 歯ー磨けよー」
中山「宿題しろよー」
真山「とんこつラーメン食べすぎんなよー」
安本「おとーさーん」
星名「馬刺し美味しかったー」
柏木「熊本 また来るからね!」

 

MCなど

この日はメンバーの髪型も特別仕様!
真山:右片方三つ編みで髪下ろし
安本:デコ出し
星名:ポニーテール
柏木:ツインテール
小林:外ハネ
中山:髪下ろし
といった感じでした。

 

小林さんの自己紹介時の一言は、「熊本駅くまモンが飛び出してきちゃうぐらい盛り上がっていきましょう!」でした。
<参考画像>

f:id:Wacc_8210:20180721200945j:plain

 

小林さんの持ちネタ(?)の怖い話について。
修学旅行で同じ部屋の子が部屋の角に何かいると言い出して、小林さんがその近くに寝ることになりました。
ですが結局何もなく、爽やかに「おはよう」という感じになったと、少しほっこりする話でした(笑)

 

この日の会場より大きいグランメッセ熊本の話。
そのキャパは10倍ぐらいになるそうです。
10,000人だったら何倍?といったやり取りがある中で、安本さんが「バカがバレちゃう」といった発言に対して、小林さんが「もうバレてるって」と言い放ちます(笑)
それに対し安本さんは「アホに言われたー」と言い返します。
ここで小林さんは「誰が小林アホじゃ!」と自身の名前のカホに掛けた持ちネタ(?)を披露しこの日で1番の笑いをかっさらっていきました(笑)
この後にゴールデンレトリバーのネタもありましたが不発に終わってしまいました。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@福岡・福岡市民会館 大ホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の福岡公演について書きたいと思います。


前回行った北海道公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@北海道・わくわくホリデーホール - つれづれ日記(仮)

 

大雨の影響もあり、以下の通り特殊な状況での開催となりました。

 

下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。

f:id:Wacc_8210:20180709074500j:plain

 

<セットリスト>

M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 ハイタテキ!
M.04 CHAN-CHARA-CHAN

-MC-
M.05 頑張ってる途中
M.06 踊るガリ勉中学生
M.07 スーパーヒーロー

-MC-
M.08 誘惑したいや
M.09 バタフライエフェクト
M.10 春の嵐
M.11 フユコイ

-MC-
M.12 でかどんでん
M.13 熟女になっても
M.14 スウィーテスト・多忙。
M.15 日記

-MC-
M.16 イート・ザ・大目玉
M.17 君のままで
M.18 自由へ道連れ
M.19 シンガロン・シンガソン
M.20 YELL

-MC-
EN.1 全力☆ランナー
EN.2 感情電車
EN.3 響

 

セットリストについて

仙台公演と同じく『踊るガリ勉中学生』がこの日のセットリストに入りました!

あのイントロは相変わらずテンション上がりますね♫

とはいえ、なぜ急にやるようになったのかは謎ですね。観客の反応が良いのかもしれません。

 

個人的には『スーパーヒーロー』はこのツアーで初めて観ることになりました!

『まっすぐ』も素晴らしいですが、この曲も定期的に観たくなるものです。

 

この日の『でかどんでん』。

 

前回の札幌公演に引き続き『イート・ザ・大目玉』の披露がありました!

また、曲のフリでこの曲が夏の恒例イベントであるファミえんのテーマソングであることが明らかになりました♫

ペアで歌っている曲であることは前回の記事でも書きましたが、そのペアが「真山・小林」「安本・中山」「星名・柏木」であることを確認できました。

BPMは早くないですが、ロックな曲でテンションアゲアゲな曲だと思います!

 

MCなど

この日の小林さんの自己紹介時の一言は「水炊きが冷めないぐらい盛り上がっていきましょう!」と前日に食べたという水炊きに絡めたものでした♫

そんなこともあってか、真山さんによると、この日の午前は「私立むくみ中学」だったようです(笑)

 

『スウィーテスト・多忙。』からそのまま続けての『日記』となり、寸劇はありませんでした。

ですが『日記』が終わるといつものような寸劇が始まりました!

この日は桃太郎のオマージュで、中山さんが桃太郎(リコ太郎)役、星名さんが猿犬雉の3役(雉の鳴き声は「キジキジ」)。

そこに現れたのが、目玉のおやじに扮した(多少のモノマネあり)小林さん!

なんとなく次の流れが読めるものでしたが、予想通りそのまま『イート・ザ・大目玉』の披露へ!

f:id:Wacc_8210:20180711083342j:plain

 

さらに最後のMCでは、2018年のファミえんのテーマソングは『イート・ザ・大目玉』だけではなく、もう1曲あることが明らかになりました!

今年のファミえんは1日目が夜、2日目が昼の開催となっていて、盛り上がりそうな『イート・ザ・大目玉』は昼用だとか。ということは、もう1曲は・・・

今から楽しみですね♫

 

こちらは関連記事。

natalie.mu

小林歌穂生誕ソロライブ「ぽーランド3!!!」@マイナビBLITZ赤坂

今回は2018年6月14日に行われました、小林歌穂生誕ソロライブ「ぽーランド3!!!」について書きたいと思います。

 

小林さんの愛称である「ぽーちゃん」にちなんだ名称となっているぽーランドも今回で3回目となります。

 

ライブの詳細は以下の記事などにありますので、ここではセットリストとともに感想を中心に書いていきたいと思います。

natalie.mu

 

 

f:id:Wacc_8210:20180622225007j:plain

M.00 吟遊詩人(小林Ver.)
M.01 あの子のジンタ(カバー:チャラン・ポ・ランタン
M.02 ぐらりぐら想い(小林歌穂ソロ曲)
M.03 誘惑したいや

 

この日のライブは、チャラン・ポ・ランタンエビ中への提供曲『吟遊詩人』がSEとして流れる中スタート!

1回目のぽーランドと同じかな?と思いましたが、曲中のセリフがすべてぽーちゃんのものとなっている小林Ver.になっていました!

 

巨大クラッカーの発射とともに本編がスタート!

1曲目はチャラン・ポ・ランタンのカバー『あの子のジンタ』です。

この曲は、1回目のぽーランドにサプライズで登場したチャラン・ポ・ランタンがぽーちゃんのリクエストに応えて歌った曲でもあります。

曲の構成やメロディなど難しい曲ですので、これを歌えるようになったことは、ぽーちゃんの進化を感じさせてくれるものでした。

 

自身のソロ曲『ぐらりぐら想い』は、ぽーランドでは毎回披露されている曲ということもあり、毎年の成長を感じさせてくれる曲であると思います。

サビの「騙されてあーげる」のところの表情はとても魅力的です。

 

エビ中の中で特に好きな曲『誘惑したいや』をやってくれたのはうれしかったですね~

特にCメロで感情たっぷりに歌い上げる姿はとても素敵で、エビ中全体で披露するときも時々代わってもらいたいと思ったり(笑)

 


M.04 藍色のMonday
M.05 面皰
M.06 日記

 

エビ中曲のグループ。

『藍色のMonday』では歌詞に登場するシャボン玉が実際に飛ばされる演出がありました。それも、かなり大量に(笑)

 

『面皰』は、ぽーランドでは皆勤賞!

何せぽーちゃんのお気に入り曲の1つですからね!

 

『日記』は、ぽーちゃん主演のドラマ「また来てマチ子の恋はもうたくさんよ」の主題歌ですから当然セトリに入りますよね♫

ぽーちゃんがこの曲を歌うときは、吉澤嘉代子さんのような歌い方になっている気がします。

「だ・い・す・き」の部分は、女性・子どもゾーンに取られてしまいましね・・残念(笑) 

 


M.07 明日への手紙(カバー:手嶌葵
M.08 一角獣(カバー:吉澤嘉代子
M.09 響

 

ここでは『明日への手紙』と『一角獣』のカバー曲を披露!

ぽーランドで披露されるカバー曲は、ゆっくりで聴かせるタイプのものが多いように感じます。

そういった曲は、ぽーちゃんの優しく暖かい歌声が映えてとても心地よく聴くことができます。

 


M.10 Liar Mask(カバー:真山りか
M.11 自由へ道連れ

 

横向き前かがみの特徴的な構えから始まったのは、エビ中メンバー真山さんのソロ曲『Liar Mask』。

ぽーちゃんが初めて自分で買ったCDがこの曲ということが知られていますが、そんなこともあってのことでしょうか。

間奏の部分では「これ真山は踊って歌うんでしょ、凄くない?」と言いながら、それっぽいようなそうでもないような独特なダンスを披露していました(笑)

歌については文句なしで素晴らしいものでした!

 

本編最後は、椎名林檎さんのカバー曲『自由へ道連れ』です!

もちろん、トラックはエビ中のカバーバージョン!

この曲は現在開催中の春ツアーなどでも披露されており、完成度が高いですね。

「道連れしちゃうぞ」のセリフは棒読み気味でした(笑)

少し照れていたのかもしれないですね。

最後になぜかやってしまって後悔していた「ゲッツ」は面白かったです(笑)個人的には『シンガロンシンガソン』かなと観てる時は思いました。

 

f:id:Wacc_8210:20180622225055j:plain


EN.1 感情電車
EN.2 さよならばいばいまたあした

 

アンコールの前にはチケットの整理番号を利用したくじ引きが行われました。

本編の最後で「もう終わりとか早過ぎるだろ・・ぽーランドは時空が歪んでいるのか・・」という感じになりましたが実際に早かったみたいですね(笑)

 

くじ引きの後はこちらも3年連続『ゼッテーアナーキー』みんなで歌うコーナー!

正直なところ去年は「今年もやるのか」と思ってしまったりもしましたが、3回目ともなるとやらないと不安になってしまうほどです(笑)

実際歌ってみるとハモリの部分あり、なかなかチャレンジングです。

 

 アンコール1曲目はエビクラシー収録曲『感情電車』。

ぽーちゃんのフィーチャー曲でもありますね♫

昨年度は1曲目にやや緊張した面持ちで歌っていた記憶がありますが、今回はそのようなことはなく堂々とした歌いっぷりでした。

「その空」の部分はやはり何度聴いても素晴らしいです!

 

この日の最後の曲は『さよならばいばいまたあした』 。

この曲でライブが終わる感じはいいですよね♫

曲中に「最後の最後まで楽しんでいってください!」の通り、曲が終わりぽーちゃんが舞台袖にはけていくと自習の時と同じく、銀テープ砲の不意打ちがありました(笑)

「自習」Vol.6<小林プロデュース>@カルッツかわさき - つれづれ日記(仮)

 

f:id:Wacc_8210:20180622225024j:plain

 

この日のライブでは「心の掛け布団になりたい」、「エビ中のことを知ってて得したなと思ってもらえるようになりたい」と語っていたぽーちゃん。

それが実現できるように、ぽーランドの住人(ぽーちゃん推しの総称)として、これからも全力で応援していく所存です!

 

ソロコンサートはその人が持つ雰囲気が表れると思いますが、ぽーちゃんのソロコンサートはとても暖かい空間になっているように感じます。

この暖かい空間が来年以降も続いていくことを願っています!

 

lineblog.me

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@北海道・わくわくホリデーホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の北海道公演について書きたいと思います。


前回行った福島公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@福島・白河文化交流館コミネス 大ホール - つれづれ日記(仮)

 

下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180703075151j:plain

 

<セットリスト>

M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 ハイタテキ!
M.04 梅

-MC-
M.05 頑張ってる途中
M.06 仮契約のシンデレラ
M.07 まっすぐ

-MC-
M.08 誘惑したいや
M.09 アンコールの恋
M.10 春の嵐
M.11 さよならばいばいまたあした

-MC-
M.12 でかどんでん
M.13 参枚目のタフガキ
M.14 熟女になっても
M.15 スウィーテスト・多忙。
M.16 日記

-MC-
M.17 日進月歩
M.18 自由へ道連れ
M.19 シンガロン・シンガソン
M.20 YELL

-MC-
EN.1 イート・ザ・大目玉
EN.2 ちちんぷい
EN.3 響

 

セットリストについて

この日は最初のグループに『梅』が入ってきました!
3月のエビハイでは披露されていたようですが、私は行ってないので6人体制で観るのは初めてでした。

 

この日の『でかどんでん』。

 

『でかどんでん』の後はツアー初日から『制服”報連相”ファンク』となっていたと思いますが、この日は『参枚目のタフガキ』となっていました!
『制服”報連相”ファンク』も捨てがたいですが、個人的には『参枚目のタフガキ』の方が好みです♫

 

アンコールの1曲目は、フォーメーションから『全力☆ランナー』かなと思ったら、なんと新曲を披露!
テンポは速くなく、あまりコードが変化しないので『でかどんでん』っぽいかなと思ったり、そこまでガチャガチャしてないので『キャンディロッガー』っぽいかなと思ったり。
また、ペアで歌っていたのですが、真山さん小林さん以外は記憶が曖昧です・・
振り付けがなかなか激しく特徴的(腕をぶんぶん振り回したり、大目玉のポーズだったり)なので、振りコピするのも楽しそうな曲です!

 

『ちちんぷい』の最後のサビのところで真山さんが大きくジャンプするところがありますが、真山さんと安本さんペアでのターンのジャンプに変わってましたね♫

 

MCなど

小林さんの自己紹介時の一言は、「牧場の人たちがエビ中が来てるぞと気付いちゃうぐらい盛り上がっていきましょう!」でした♫

 

柏木さんは『熟女になっても』の際に、テンションが上がり過ぎて予定にはないところで「フォー!」と言ってしまっていたようです(笑)
どの箇所で言っていたかの話はなかったので、分からずじまいです・・

 

『日記』前の寸劇は、マッチ売りの少女のオマージュ。
中山さんが少女役で、付けているエプロンにはRの文字がありました。
語り部はいつも通り柏木さん。ですが「みすぼらしい」を「みずぼらしい」と言い間違えて、会場は少しざわざわ(笑)
手に書いてあるカンペを見て再トライするも、再び「みずぼらしい」と言い間違え。
Teke3で何とかやり切りました!
(このとき、メンバーがなぜか英語でやり取りをしているのが面白可愛かったです)
安本さんは、通行人役。サラリーマン、若者、おばちゃんの3役をこなしていました。
マッチつけるシーンでは、まずは真山さんが登場!スクワットをしています(笑)
これに対して、中山さんは「暑苦しい!」と言い放ちます。
次に出てきたのは星名さん。なぜかクルクル回っています(笑)
最後に出てきたのは小林さん。「私は町山マチ子」といい、その後は「仕方ないな、乗りかかった船だ。聴いて下さい、日記」とテンプレート通り(笑)

 

北海道の飲み物、「カツゲン」の話。
安本さんは、「ゲンカツ」と言い間違えていました(笑)
真山さんによると、柏木さんの好きな某プロ野球チームの飲み物とは違って、パイナップルの風味がすると話していました。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@福島・白河文化交流館コミネス 大ホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の福島公演について書きたいと思います。


前回行った宮城公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@宮城・東京エレクトロンホール宮城 - つれづれ日記(仮)

 

以下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180626082908j:plain

 

<セットリスト>

M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 ハイタテキ!
M.04 MISSION SURVIVOR

-MC-
M.05 頑張ってる途中
M.06 仮契約のシンデレラ
M.07 まっすぐ

-MC-
M.08 誘惑したいや
M.09 アンコールの恋
M.10 春の嵐
M.11 フユコイ

-MC-
M.12 でかどんでん
M.13 制服"報連相″ファンク
M.14 熟女になっても
M.15 スウィーテスト・多忙。
M.16 日記

-MC-
M.17 日進月歩
M.18 自由へ道連れ
M.19 シンガロン・シンガソン
M.20 YELL

-MC-
EN.1 涙は似合わない
EN.2 感情電車
EN.3 響

 

セットリストについて

今回はベーシックなセットリストだと思いました。
ここでのベーシックの意味は、ツアー序盤のようなセットリストという意味です。もちろん、新曲は入っていますけどね!
ライブでも強調されていましたが、福島県での初ライブということもあるのでしょうかね。

 

この日は、昨日の『U.B.U.』に代わり『頑張ってる途中』となっていました。
やはり、池ちゃん曲の交換・・

 

この日の『でかんどんでん』。

 

最近のエビ中のライブで、最もテンションが上がると感じる曲は『自由へ道連れ』です!
イントロの時点ですでにそう感じますが、サビになるとさらに上がるのを感じます!
サビでの歌と振り付けとのマッチ具合が良いんですよね〜

 

私が『感情電車』を観たのは府中以来。
特に今回は座席がど真ん中だったので、「その空」を真正面から拝むことができました♫

 

MCなど 

この日の小林さんの自己紹介時の一言は、幼き頃に行ったというスパリゾートハワイアンズに絡めたもので「スパリゾートハワイアンズの人たちが流れて来たくなるぐらい盛り上がって行きましょう!」でした。

 

春ツアーの舞台に関連して、絵本は読むかとメンバーに尋ねる安本さん。
小林さんは、黒いクレヨンの絵本が好きなようです。
最近は大人の絵本もあると言う星名さんに対し、それは政治の絵本かと聞き返す安本さんの発想はとてもユニークです(笑)

 

『日記』前の寸劇は、前日に引き続き桃太郎のオマージュ。
中山さんは桃太郎役(リコ太郎)、星名さんは猿犬雉の1人3役で「お菓子に付けた玉羊羹、1つ私に下さいなー」と歌います。
そこに現れたのは鬼ではなく、天狗のお面を付けた小林さん。手にはヤツデの葉らしきものを持っています。扇いだりしていますが無言です(笑)
そしてお面を外し、いつも通り「聴いてください、日記」となります。
この一連の寸劇を観たことない人もいるのに説明が足りないと突っ込む中山さんは正しいと思います(笑)

 

最後のトークでは、天狗は良いものか悪いものかと言う話題に。
安本さんは金色の羽とか付いてたら分かりやすいなどと発言していましたが、結論は出ずにグダグダな感じに・・
最後は小林さんが「天狗もいろいろいる!」と発言し、上手く締めることことに成功しました(笑)