つれづれ日記(仮)

いろいろ書くよー♫

エビ中と巡る春ツアー2017

まあ、一緒に巡ってないですね、追っかけてるだけです(笑)

 

私立恵比寿中学の2017年の春ツアーは、18ヶ所19公演というこれまでで最大の規模で実施されました。

そして、先日の東京国際フォーラムの公演で千秋楽を迎えました。

 

その中で、私は19公演中16公演に行くという快挙(?)を成し遂げました!

 

4/22 東京  八王子オリンパスホール(音漏れのみ)

4/23 新潟  新潟県民会館
4/29 大阪  大阪国際会議場
4/30 大阪  大阪国際会議場
5/3   宮城  仙台サンプラザホール
5/5   愛知  名古屋国際会議場センチュリーホール
5/13 福岡  福岡市民会館
5/20 神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
5/28 静岡  静岡市民文化会館
6/10 埼玉  大宮ソニックシティ 大ホール
6/18 北海道 わくわくホリデーホール
6/24 千葉  市川市文化会館
7/1   沖縄  沖縄コンベンションセンター
7/8   愛媛  松山市民会館
7/15 石川  本多の森ホール
7/16 東京  東京国際フォーラム ホールA

 

行かなかったのは、広島・岐阜・盛岡の公演です。 

 

まあよくこれだけ行ったものだなと・・

そして、道理で貯金がどんどん減っていくわけだ(笑)

 

 

なぜ、何が君をそんなにも駆り立てるのか?と聞かれることがあります。

たしかに音楽好きだけど、特定のバンドのライブにこんなにも行くとは思えない。

 

 

ということで、このあたりについて自分の考えを書きたいと思います。

 

 

まず、アイドルは刹那的というか、その一瞬一瞬が重いように感じます。

もう少し言うと、少し目を離すとあっという間に変化してしまうということです。

 

廣田さんの言う「アイドルは青春を犠牲にしてこそ輝ける」というのは、まさにそういったことを表しているのではないかと思います。

 

特に私の愛してやまないエビ中は、新曲が出るたび、ツアーを行うたびに歌もダンスも凄まじい進化を遂げているように感じます。

ライブに行くたびに、感動させられっぱなしです!

 

そして思うのです、「できる限り現場に行かねば!目を離すな!」と。

 

 

そういった気持ちに拍車をかけたのが、今年の2月に松野さんが亡くなったことです。

 

春ツアーなどは中止にして、休養すべきという意見もたくさん拝見しました。

しかし、 私の意見は異なりました。

 

悲しみを抱えて何もしないより、行動をした方が良い。

何もしないとネガティブな想像が膨らんでいき、もうやりたくないという気持ちが強くなっていってしまうのではないか。

 

だから、私は春ツアーをスケジュール通り実施した運営チームを強く支持します。

(もちろん、この過程で乗り越えなければいけなかったことが多々あったと思います)

 

そして、7人でやっていくという決断をしたからには、応援しに行かなければ!

 

 

こんなところが動機でしょうか。

これはライブの話なので、接触イベントとは違いますね。

接触イベントに行くのはただ楽しいからです(笑)

 

ツアーの感想については、次の機会に。