つれづれ日記(仮)

いろいろ書くよー♫

エビ中と巡る春ツアー2017(その2)

以前に書いた春ツアーの記事の続きになります。詳細は以下を参照。

エビ中と巡る春ツアー2017 - つれづれ日記(仮)

もう半月以上が経ってしまっているけど、自分のペースでできるのがブログの良いところではないかと(笑)

 

今回は、私が行った公演の感想を少しずつ書きます。

何せ16回行ったということもあるので、ツアーの前後半で2回に分けようと思います。

 

 

4/22 八王子オリンパスール

言わずもがな、今回の春ツアーの初日の公演になります。

そして、りななんが亡くなってからの初めてのライブでした。

 

そういったこともあってかチケットは取れず、さらに当日券の抽選にチャレンジも失敗・・

ですが校長の粋な計らい(?)により、ホールエントランスのスピーカーからライブの音を流してくれることになり、それを聴くことになりました。

 

エビクラシーの曲も全部セットリストに!まさか、全部やるとは・・

もちろん初めて聴く曲なので、アルバム特設ページを参照し「あーこの人の曲かー」などやりつつ聴いていました。

 

特に印象に残った曲は「なないろ」と「感情電車」です。

 

なないろは表面的には恋愛の曲ですが、暗に意味しているのはりななんのこと。

音だけなので歌詞がよく聴こえる。人目もあるにも関わらず、涙をこらえることができませんでした。

 

感情電車は、曲が始まった瞬間からエビクラシーで1番好きな曲だと思いました!

ぽーちゃんの柔らかい歌唱から始まり、これから始まるんだと高揚感を感じさせてくれるイントロ。

めまぐるしく変わっていくアレンジ、流石たむらぱん先生です!

その中でも一番の聴きどころは、ぽーちゃんによる「その空」の熱唱。

早くライブで観たい気持ちがすごく高まりました。

 

 

4/23 新潟県民会館

この日は車で移動をしたのですが、改めて新潟市は遠いと感じました(笑)

去年も行ったんですけどね。

 

私にとっては、春ツアーにおける実質的な初めてのライブとなります。

 

1番印象に残ったのは、もちろん感情電車。

「その空」のぽーちゃんの熱唱はやはり圧巻でした。

ぽーちゃんはそんなに声量がある方ではないと思いますが、飛躍的に伸びていることを感じました!

 

前の記事にも書きましたが、観るたびに進化を感じられるのがエビ中のライブの魅力の1つだと思います。

 

 

4/29 大阪国際会議場

この日で一番印象に残っているのは「誘惑したいや」です。

エビ中の楽曲の中で1番好きな曲です!

この日は春ツアーで初披露となりました。

 

私が注目していたのは、2番のサビ前が誰が歌うのかということでした

そのため、2番の始めがぽーちゃんになっていたのは意表を突かれたと共にかなりテンションが上がりました!

注目していた2番のサビ前がりったんになっていたのは、個人的には少し残念。

 

 

4/30 大阪国際会議場

この日の思い出は「参枚目のタフガキ」です。

 

オケがそのまま使われていたので、最後のサビの被せでりななんの声が聞こえたのです。

それが悪いということを言っているのではありません。

むしろ嬉しかったのですが、そのときは心の準備ができていませんでした。

少し心がザワッとしたのを覚えています。

 

 

5/3  仙台サンプラザホール

私の推しホールです(笑)

 

まず、どこの席からも見やすい!

(武道館のような円形の形で、それをコンパクトにしたイメージ)

そして、音響も全音域が綺麗に出ているように感じます。

 

この日の思い出は「まっすぐ」の春ツアー初披露!

今まで聴いた中で、最も感情が籠っているように感じました。

特に、この曲の最後の部分であるぁぃぁぃの熱唱は心に突き刺さりました。

 

 

5/5   名古屋国際会議場センチュリーホール

仙台から帰って来て、急いでチケットを取って参戦しました!

 

この日は、2017年のファミえん開催(場所は愛知県のモリコロパーク!)の発表が本編の最後にあり、直後のアンコール1曲目は「ラブリースマイリーベイビー」!

テンションが上がらずにいられますでしょうか!?

 

ただ、惜しむらくは着席の席だったことです。

やっぱり、私はスタンディングの席が好きだ!

  

 

5/13 福岡市民会館

物理的にスゴく暑い会場でした。

舞台上のメンバーの汗も相当なもので、ずっと心配しつつ観ていました。

そんな中で、途中からクーラーが強くなったのはグッジョブ!

 

この日は上手側の席だったのですが、ぽーちゃんが上手側ならくることが割と多いことに気付いたのが収穫でした。

 

 

5/20 パシフィコ横浜 国立大ホール

りななんの送る会が執り行われた場所です。

そんな会場で「幸せの貼り紙はいつも背中に」を聴き、やはり少し泣いてしまいました。

 

りななんが担当していたセリフ

 大好きだった赤い風船を ふと空に離してしまった

 どんどん高く昇っていくのをどうしようもできず ただただ泣いていたんだ

 

りななんのことを連想せずにはいられません。

担当は真山に替わっていましたが、どんな気持ちで歌っているのでしょうか。

 

その他も「I'm your MANAGER!!!」「Lon de Don」の春ツアー初披露、Mステへの出演決定直後の「金八」と見どころ満載のライブでした!

 

 

 

5/28 静岡市民文化会館

エビクラシー発売前の最後のライブでした。

やはり、音源を聴く聴かないでは印象も変わるでしょうし、心して観ておかないとなどと考えていました。

 

ですが、この日は何と言っても、私の好きな曲の1つである「お願いジーザス」の久しぶりの披露!

昨年の春ツアー以来ずっと干されていたので、念願叶った気持ちです。

あのイントロのギターは何度聴いても心を揺さぶられます。

 

 

 

と書いてきましたが、意外と覚えてるものだなと(笑)

後半はまた次の記事にと思いますが、こんなペースだとファミえんに日になっちゃうよ!