つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@山梨・コラニー文化ホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の山梨公演について書きたいと思います。

今回は6人体制となってからの初めての春ツアーであり、この山梨公演は春ツアーの初日となります!

 

以下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180422135512j:plain

 

<セットリスト>
M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 サドンデス
M.04 フォーエバー中坊
-MC-
M.05 U.B.U.
M.06 仮契約のシンデレラ
M.07 全力☆ランナー
M.08 まっすぐ
-MC-
M.09 誘惑したいや
M.10 アンコールの恋
M.11 春の嵐
M.12 フユコイ
-MC-
M.13 でかどんでん
M.14 制服"報連相″ファンク
M.15 参枚目のタフガキ
M.16 紅の詩
M.17 日記

-MC-
M.18 君のままで
M.19 靴紐とファンファーレ
M.20 ハイタテキ!
M.21 YELL
-MC-
EN.1 シンガロン・シンガソン
EN.2 響

 

春ツアーの演出

開始のブザーが鳴り終わると、少し変わった音楽とともにステージ上の幕の間から真山さんが登場!

幕にたくさんの本が描かれていて、1番大きい本の隙間から出てくるようになっていました。

今回のツアーのテーマは「エビ中が繰り広げる不可思議な童話」ということですので、本から飛び出してきた妖精のような設定なのでしょうか。

 

懐中電灯を持って何かを探すような一連の動きがあった後に真山さんが幕の後ろに戻ると『ebiture』が流れます!

以下の動画でも流れていた特別版の『ebiture』です♫

https://youtu.be/XecVpCnqS1k

youtu.be

 

幕が開くと、ステージが登場。

ステージは、以下のように幕に描いてあった本が開いたような感じとなっています。

f:id:Wacc_8210:20180423083836j:plain

 

この後も木の装飾が降りてきたり、球根をを穴に入れて水をやると花が生えてきたりと童話のらしい(?)演出がありました!

その時に流れる音楽が、またいいんですよね〜

 

f:id:Wacc_8210:20180424080932j:plain

 

セットリスト

ライブは『EBINOMICS』からスタート!

リビア役はebichu prideに引き続き小林さんです(もう固定でいいですね笑)。

相変わらずいい表情をしています!


『まっすぐ』は、6人体制での初披露!
この曲は、最後の音程が上がるところが印象的なパートのひとつだと思います。

このパートは転校した廣田さんが担当していましたが、柏木さんが引き継ぎました。

柏木さんが引き継いだのは予想通りでしたが、裏声で歌ってたことは予想外でした。
音域を出せないとは思えないので、廣田さんが作り上げたイメージを壊したいとかいう意図でもあったのかなと思ったり。

 

上で述べた球根のくだりから始まったのは『誘惑したいや』!
1番好きな曲なのでやってくらたのはとても嬉しいですね♫


『アンコールの恋』は個人的にこの日のベストだったと思います。
様々なことを連想させる歌詞ですが、ちゅうおんや秋ツアーなどでの披露を経たことで昇華され、より魅力的なパフォーマンスとなったのかもしれないですね。


6月のリリースされる新曲『でかどんでん』は初披露!
タイトルからは想像もつかないカッコいい曲で、良い意味で期待を裏切られました(笑)
さらに、懐かしい感じのメロディ(山本リンダ?)ですが、電子音など現代的な雰囲気も感じることができ、聴いていて楽しい曲でもあると思います♫

この曲が始まる前に、衣装チェンジもありました!


突然リンゴを食べだす小林さん。

毒りんごだったのか倒れてしまいますが、すぐに復活!

「町山マチ子が地獄から帰ってきたぞ~!」からドラマの主題歌である『日記』の初披露!
振り付けで歌詞を表現しているところがたくさんあり、とても可愛いです♫

この曲の緩やかな空気感がとても好きなのですが、このような可愛い振り付けが加わるとは堪らんですね(笑)

 

MCなど

今回のツアーではMCは少なめとなっていました。

ですが、アンコール後のMCでは、エビ中らしさ(?)を垣間見ることができました。

スターダストのアイドルフェスを宣伝する係であった、安本さんですが置いてあるはずのカンぺがないことに気付きます。

それを真山さんと一緒に探すシーンがあり、ほんわかした気分にさせてくれました(笑)

 

f:id:Wacc_8210:20180423083932j:plain

 

MCが少なくなったのは少し寂しいですが、これからパフォーマンス重視で行くということですかね(そのための実力は持っていると思いますが)。

また、演目が進むたびに「あ~、この曲まだやってなかった~」という感じなり、改めてエビ中にはいい曲が多いなという気持ちになりました。

 

7月まで続く春ツアーですが、何事もなく健康に完走できることを願っています。

 

 

今回のライブは以下の記事にもアップされています。

(写真も引用させていただきました)

natalie.mu