つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@茨城・結城市民文化センターアクロス 大ホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の茨城公演について書きたいと思います。


前回行った静岡公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@静岡・静岡市民文化会館 大ホール - つれづれ日記(仮)

 

以下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180622225549j:plain

 

<セットリスト>
M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 ハイタテキ!
M.04 MISSION SURVIVOR

-MC-
M.05 頑張ってる途中
M.06 仮契約のシンデレラ
M.07 まっすぐ

-MC-
M.08 誘惑したいや
M.09 バタフライエフェクト
M.10 春の嵐
M.11 さよならばいばいまたあした

-MC-
M.12 でかどんでん
M.13 制服"報連相″ファンク
M.14 熟女になっても
M.15 スウィーテスト・多忙。
M.16 日記

-MC-
M.17 日進月歩
M.18 自由へ道連れ
M.19 シンガロン・シンガソン
M.20 YELL

-MC-
EN.1 エビ中一週間
EN.2 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
EN.3 響

 

セットリストについて

『EBINOMICS』の最後で、ステージ上の機材に片足を乗せてシャウト(?)をする小林さん。

片足を乗せる時に「失礼します」のような動作をしていましたが、人柄を感じますね(笑)

 

この日の『でかどんでん』。

 

先日リリースとなった『でかどんでん』のカップリング曲『熟女になっても』と『スウィーテスト・多忙。』は、私自身はライブで観るのは初めてでした。

 

『熟女になっても』は音源ではSUSHIBOYSとなっているラップの部分が、ライブでは安本さんが担当しています。

一回舞台袖に入ってからサングラスをかけて登場するのですね!

安本さんのラップの他には、ヒップホップ風(?)なダンスにも注目だと思います。特に、中山さんの野生的な動きが映えるものであるように感じます(笑)

 

『スウィーテスト・多忙。』は、柏木さんが振り付けを担当している曲です。

言葉で伝えるのは難しいですが、手を振る動きの時はくるっと一回手を回す動作が入るという解説がありました。

個人的には、この曲の少し懐かしい感じがするアレンジが好きです♫

 

この日、安本さんは体調不良の中の出演となりました。

(リハーサルはお休みしていたようです)

高い声が出しにくかったようで『まっすぐ』などではファルセットを使ってカバーしていました。

そのような状況でも上記のラップをやり切り、アンコールの『放課後ゲタ箱ロッケンロールMX』では爆発力のあるシャウトや持ち前の安定した歌唱を見せてくことにはグッとくるものがあります。

 

MCなど

今回の会場がある結城市は白菜の生産が盛んということで、小林さんの自己紹介時の一言は「白菜農家の方々がザワザワしちゃうぐらい盛り上がっていきましょう!」でした。

 

今回の『日記』前の寸劇は、金太郎のオマージュ。

中山さん扮する「リコ太郎」が熊役の真山さんと星名さんを相撲で倒していきます。
最後に出てきたのは小林さん。ここで過去に廣田さんの生誕祭でもやっていた土俵入りを披露します。
相撲が始まると思いきや、中山さんの「さては茨城県出身第72代横綱稀勢の里だな!」で熊役のでないことが発覚します!

そのまま相撲はせず「聴いてください、日記」と曲が始まるのはいつも通り(笑)

 

ツアー衣装の話。

安本さんの「ツアーも後半になってきて、私たちの衣装もいいにおいがしてくるようになりましたね!」とアイドルらしからぬ発言(笑)

「でもアイドルなんで体からはいいに香りがしてますよ」と発言するも「フォローになってないから!」と突っ込まれてしまうのでした。

確かに公演後の募金の際に、ファブリーズのような香りがしたような・・

 

小林さんと柏木さんがカラオケに行った際の話。

『放課後ゲタ箱ロッケンロールMX』の小林バージョンでは、「MX」の部分が小林さんの愛称であるぽーちゃんから「PO」になり、ドレミでギターソロを表現する部分では、「ファ」が「ふぁ〜」と気の抜けた感じになるようです(笑)

また、この「ふぁ〜」は、小林さん独自の発声練習の1つでもあるようです。