つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@北海道・わくわくホリデーホール

今回は私立恵比寿中学エビ中)の春ツアー、SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)の北海道公演について書きたいと思います。


前回行った福島公演についての記事はこちら。

SHAKARIKI SPRING TOUR 2018@福島・白河文化交流館コミネス 大ホール - つれづれ日記(仮)

 

下、セットリストなどとともに感想を書いていきます。【ネタバレ注意です】

f:id:Wacc_8210:20180703075151j:plain

 

<セットリスト>

M.01 EBINOMICS
M.02 HOT UP!!!
M.03 ハイタテキ!
M.04 梅

-MC-
M.05 頑張ってる途中
M.06 仮契約のシンデレラ
M.07 まっすぐ

-MC-
M.08 誘惑したいや
M.09 アンコールの恋
M.10 春の嵐
M.11 さよならばいばいまたあした

-MC-
M.12 でかどんでん
M.13 参枚目のタフガキ
M.14 熟女になっても
M.15 スウィーテスト・多忙。
M.16 日記

-MC-
M.17 日進月歩
M.18 自由へ道連れ
M.19 シンガロン・シンガソン
M.20 YELL

-MC-
EN.1 イート・ザ・大目玉
EN.2 ちちんぷい
EN.3 響

 

セットリストについて

この日は最初のグループに『梅』が入ってきました!
3月のエビハイでは披露されていたようですが、私は行ってないので6人体制で観るのは初めてでした。

 

この日の『でかどんでん』。

 

『でかどんでん』の後はツアー初日から『制服”報連相”ファンク』となっていたと思いますが、この日は『参枚目のタフガキ』となっていました!
『制服”報連相”ファンク』も捨てがたいですが、個人的には『参枚目のタフガキ』の方が好みです♫

 

アンコールの1曲目は、フォーメーションから『全力☆ランナー』かなと思ったら、なんと新曲を披露!
テンポは速くなく、あまりコードが変化しないので『でかどんでん』っぽいかなと思ったり、そこまでガチャガチャしてないので『キャンディロッガー』っぽいかなと思ったり。
また、ペアで歌っていたのですが、真山さん小林さん以外は記憶が曖昧です・・
振り付けがなかなか激しく特徴的(腕をぶんぶん振り回したり、大目玉のポーズだったり)なので、振りコピするのも楽しそうな曲です!

 

『ちちんぷい』の最後のサビのところで真山さんが大きくジャンプするところがありますが、真山さんと安本さんペアでのターンのジャンプに変わってましたね♫

 

MCなど

小林さんの自己紹介時の一言は、「牧場の人たちがエビ中が来てるぞと気付いちゃうぐらい盛り上がっていきましょう!」でした♫

 

柏木さんは『熟女になっても』の際に、テンションが上がり過ぎて予定にはないところで「フォー!」と言ってしまっていたようです(笑)
どの箇所で言っていたかの話はなかったので、分からずじまいです・・

 

『日記』前の寸劇は、マッチ売りの少女のオマージュ。
中山さんが少女役で、付けているエプロンにはRの文字がありました。
語り部はいつも通り柏木さん。ですが「みすぼらしい」を「みずぼらしい」と言い間違えて、会場は少しざわざわ(笑)
手に書いてあるカンペを見て再トライするも、再び「みずぼらしい」と言い間違え。
Teke3で何とかやり切りました!
(このとき、メンバーがなぜか英語でやり取りをしているのが面白可愛かったです)
安本さんは、通行人役。サラリーマン、若者、おばちゃんの3役をこなしていました。
マッチつけるシーンでは、まずは真山さんが登場!スクワットをしています(笑)
これに対して、中山さんは「暑苦しい!」と言い放ちます。
次に出てきたのは星名さん。なぜかクルクル回っています(笑)
最後に出てきたのは小林さん。「私は町山マチ子」といい、その後は「仕方ないな、乗りかかった船だ。聴いて下さい、日記」とテンプレート通り(笑)

 

北海道の飲み物、「カツゲン」の話。
安本さんは、「ゲンカツ」と言い間違えていました(笑)
真山さんによると、柏木さんの好きな某プロ野球チームの飲み物とは違って、パイナップルの風味がすると話していました。