つれづれ日記(仮)

主に旅行の記録、そしてエビ中。

2018年12月・北陸の旅①

今回の記事は、2018年12月に北陸地方の一部を旅してきた際の記録になります。

2回に分けて書くうちの第1弾になります。

 

まず始めは福井に向かいます!

東京から福井へ行くには、新幹線で名古屋か米原に行き、そこから特急電車に乗るのが効率的なようです。

しかし今回はコストを重視して深夜バスで行くことにしました。

 

東京から金沢などを経由して何とか福井到着!

なんと11時間ぐらいかかりました(笑)

個人的には深夜バスの最長記録です。

 

こちらは福井駅の東口。

f:id:Wacc_8210:20181203213202j:image

東口にある、えちぜん鉄道の駅。

スタイリッシュな駅ですね!

f:id:Wacc_8210:20181203213116j:image

こちらは西口の恐竜広場。

福井は恐竜で有名ですね!
f:id:Wacc_8210:20181203213158j:image

ちなみに、鳴き声の音も出ています!
f:id:Wacc_8210:20181203213104j:image

 

福井駅からは、レンタカー借りて移動します!

最初の目的地は、道の駅・越前

1時間ほど運転して到着。

道の駅越前|観光スポット|観光したい|えちぜん観光ナビ

カニの香りがします。
f:id:Wacc_8210:20181203213212j:image

 

目的はカニではなく、ここにある温泉!

越前温泉露天風呂漁火 -(一財)越前町公共施設管理公社

道の駅の対面にあります。
f:id:Wacc_8210:20181203213108j:image

この漁火の売りは、日本海を眼下に見下ろせる露天風呂だと思います。

 


イメージは以下の写真の感じ(施設の横で撮った写真です)。
f:id:Wacc_8210:20181203213149j:image

 

長旅の疲れを少し解消できたところで、越前ガニを食べに行きます!

道の駅・越前から近くにあるこちらにお店に行きました。

やまふじ(越前町/魚介・海鮮料理) - Retty

f:id:Wacc_8210:20181203213134j:image

こちらは1番安い5000円のコース。

これでも十分ですね。十分に越前ガニを堪能することができました。
f:id:Wacc_8210:20181203213153j:image

焼き魚も付いてます。
f:id:Wacc_8210:20181203213138j:image

 

そしてカニを食べたお店の対面にある、温泉へ!

越前温泉露天風呂日本海 −(一財)越前町公共施設管理公社
f:id:Wacc_8210:20181203213145j:image
f:id:Wacc_8210:20181203213130j:image

こちらも日本海が見える露天風呂がりますが、漁火の方が海に近いです。

サイズも小さめですが、こちらにはゆったりできる休憩スペースがあります。

 

次に向かったのは、越前市

こちらは越前文化センター。
f:id:Wacc_8210:20181203213120j:image近くの公園は、夜になるとイルミネーションがありました。
f:id:Wacc_8210:20181203213126j:image

 

この日の最終目的地は、あわら温泉

温泉三昧の旅です(笑)

1時間ほど車を運転して到着。

道も広々していて、さらにいい雰囲気です!

f:id:Wacc_8210:20181203213207j:image

食事もできる湯けむり横丁。
f:id:Wacc_8210:20181203213142j:image

 

この日宿泊したところは、温泉がなかったので外湯にいきます。

セントピアあわらという大きい施設があります!

www.saintpia-awara.com


f:id:Wacc_8210:20181203213112j:image
この日、男性が入れたのは地の湯という地下にある温泉。

浴槽が田んぼ状に4つに分かれていいて、高温・低温・寝湯などに分かれています。

でも、どれもなかなか熱いように感じました(笑)

さらに、釜風呂(低温のサウナ)もありました。

あわら温泉のお湯は体が良く温まるように感じました。

 

夕食は居酒屋のようなお蕎麦屋さんのようなお店に行きました。

桂馬 (けいま) (あわら/定食) - Retty

少し飲んでから食べた蕎麦は格別でした!
f:id:Wacc_8210:20181203213100j:image